2018年01月29日

頑張れ TAKU!

 4年前のソチオリンピック銅メダルに続き、平昌オリンピック、スノーボードの日本代表に平岡卓君が選ばれました。2月13日に予選、14日に決勝の予定です。アザレアホールでのパブリックビューイングも計画しています。本番に強い実力を発揮して、悔いのないパフォーマンスで、前回同様、日本中に世界中に「御所」の名前を轟かせてほしいものです。地元愛の強い平岡君。市を挙げて応援したいと思います。

 特別交付税の陳情で上京しました。特別交付税は、都市部と地方の格差是正を図る一つの方法として、災害被災や人口、市税収入等さまざまな要因を考慮して国から交付される、御所市にとって無くてはならない貴重な財源です。本市は年に約14億円の交付を受けていますが、平成27年から28年で4.6%の減額となってしまいました。御所市は県内でも突出した交付額となっていますが、不本意ながらそれに依存した予算編成となっており、減額されるとその分がダイレクトに収支に影響する構造となっています。今後、国の動きは徐々にこのような特別交付税から事業に応じて交付される交付金にシフトしていくことになりそうです。言い換えれば、市町村の自主性が重視され、やる気のある自治体にはしっかりと応援するということです。大きな事業が控えている中、本年度から使えるようになった「過疎債」と合わせ、積極的に交付金や補助金などの財源を探求し、合理的な財政運営が求められています。
<img

 国では、地方への交付税や交付金をめぐって、地方への配慮を求める総務省と国の財政再建を第一に考える財務省の間で激しい議論が繰り返されます。その中のひとつが「地方は基金をしっかり積んでいるので国からの交付金や交付税は減額すべき」という議論です。
 確かに地方はここ数年で確実に基金の額を増やしています。御所市においても平成20年度に約7.1億円であった基金を平成28年度には33.7億円まで積み立てることができました。しかし、この基金はまさに地方の努力によって積み上げたものであり、年々増える社会保障に充てたり、これから大きな事業を展開する上で必要となる貴重な財源です。平成30年度は何とかこの議論の壁を乗り越えましたが、6月に予定されている、いわゆる「骨太の方針」にどのように盛り込まれるかが注目されるところです。基金については、ただ単に積み上げてきたものではなく、それぞれの事業に充てるという目的を明確にしておくことが必要だと考えています。

posted by 東川 裕 at 16:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

平成30年成人式

 1月8日、平成30年の成人式が御所小学校で挙行され、市内で274人の新成人が誕生しました。華やかな晴れ着や凜々しいスーツに身を包んだ彼らの姿を見ていると、若々しさの中にも頼もしさを覚えます。お祝いのあいさつで、新聞の記事を引用しながら「一人ひとりが大志、野心、夢を抱き、失敗を糧にして、誇りと感謝の気持ちを持って進んでください」と伝えました。今年、御所市は市制施行60周年を迎えますが、100周年をめざし、当事者としてこれからの御所市を支えていくのは間違いなく彼らです。「御所市の未来は自分たちにかかっている」そういう思いを胸に、これから出会うさまざまな物事を自分ごととして、しっかり見据えていってほしいと願っています。
20180112.jpg

 年始から新春の集いや賀詞交歓会等が続き、年頭のご挨拶をさせていただく機会が多くありました。やはり「市制施行60周年」の話題になりますが、前回も申し上げたように、お話しする度に、御所市をスタートさせた先人達に思いが巡ります。当時の社会情勢は今とは大きく違いますが、市民も市役所職員も「素晴らしい御所市を我々の手で築き上げよう」という熱い思いに満ちあふれていたことと思います。初代市長である故岸本清隆氏もそうであったに違いありません。私は今、その時の岸本市長の心意気に学び、御所市をスタートさせた市長としての熱い思いを引き継ぎながら、市民のみなさんとともに御所市の「還暦」を迎え、次の御所市へ向かう新たな一歩を踏み出していきたいと思っています。

posted by 東川 裕 at 13:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

明けましておめでとうございます

 平成30年の輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。市制施行60周年の節目の年である御所市にとって、そして皆様一人ひとりにとって充実した素晴らしい一年になりますようにお祈りいたします。

 今年3月、御所市は市制施行60周年を迎えます。このタイミングに巡り合った私達はどのようにこの節目を捉えたらいいのでしょうか。人間で言えば「還暦」。十二支を5回繰り返し、新たな人生に生まれ変わると言われます。60年前には想像もつかなかった今の社会情勢の中で、新しい御所市に向かってここで一旦リセットし、生まれ変わるという意識も確かに大切でしょう。5大事業に代表されるハード事業の推進もその一つだと思います。私はこの節目を「地方自治の原点に立ち返る時」であると感じています。60年前、市民は、そして職員は、どのような想いで御所市をスタートさせたのでしょうか。新しく誕生した御所市をこよなく愛し、誇りに思い、「少しでも良い御所市にしたい。一丁やったろか」と腕まくりをして希望に満ち溢れていたに違いありません。先人達のその熱い想いを再び今の私達が受け継ぎ、改めて「誇りと夢」を噛みしめながら次の世代に受け渡す準備をしなければなりません。今年一年、そんな想いを胸に市民のみなさんとともに、次の御所市に向かって確実に歩を進めるつもりです。ご理解ご協力をお願いいたします

posted by 東川 裕 at 13:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする