2019年08月14日

御所の新銘酒「みかけによらず」が誕生

 新しい御所市の特産品、御所(大和)芋の焼酎「みかけによらず」が完成しました。これは市内の農業者団体が御所の農産物を使った6次産業化をめざし、国の補助を受け完成させたものです。
 御所芋(ごせいも)=大和芋(やまといも)は、奈良県が認定する大和の伝統野菜の一つで、古くは奈良時代から天皇への献上品とされており、明治時代以降は櫛羅(くじら)地区で多く栽培されたことから、別名「櫛羅いも」とも呼ばれています。高たんぱくで粘り気が格段に強く、濃厚でありながらクセがなく、とろろ汁にしてもお好み焼きに加えても絶品です。
 ところがこの大和芋、栽培が困難なため希少であり、今まで商品にならない形の悪いものや小さなものの多くは廃棄されていました。そこに目を付け、この由緒ある伝統野菜を広く知ってもらうため、今回焼酎として製品化されたのです。できあがった焼酎は、しっかりと味があり、それでいてすっきりとキレのある見事な仕上がりとなりました。あのゴツゴツした芋の姿からは想像できない、まさに「みかけによらず」です。今秋、500本の限定販売予定ですが、来年からは2000本の生産をめざしています。ぜひご賞味ください。
 御所市は地形、気候、水等、さまざまな農産物にとっての好条件がそろっています。「吐田米(はんだまい)」として有名な質の高いお米に代表されるように、レベルの高い農産物を確実に育む地域です。これを機に、伝統を重んじながらも新しい価値を創造することで農業に携わる人を増やし、遊休農地を少しでも減らすためにも、御所の農産物のすばらしさをさらに広めていきたいと思います。
 詳細は、御所市農林商工課まで。(電話:0745-62-3001〈内線613〉)
0814-2.jpg

posted by 東川 裕 at 09:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

おもてなしの心意気

 市外から来られたお客様に、御所市の魅力を問われたとき、思わず時間を忘れて熱く語ってしまいます。歴史や神社仏閣、自然、地場産品についてはもちろんのことですが、一番の魅力を尋ねられたときは迷わず「人です」と答えています。
 さまざまな形での強い「市民力」は本市の自慢できる財産のひとつだと思っています。同時に、他の市には見られない強い「おもてなし」のDNAも脈々と受け継がれているように感じます。
 古代、市内の神社仏閣で旅の人をもてなしていた歴史、市の文化財にも指定されている「文政13年のおかげ参り施行関係文書」では、他の地域では見られないレベルのおもてなしが行われています。御所市には、歴史的に「おもてなし」の心意気が引き継がれてきたのは間違いない事実です。市外のお客様に時間を忘れて語り込んでしまう私の習性も、先人達のDNAの仕業なのかもしれません。急激な人口減少や少子高齢化が叫ばれる中、その危機感に目を背けることなく対応してかなければならないのは当然ですが、同時にこのように先人達から引き継いだすばらしい歴史や誇れるDNAは、決して忘れてはならない本市の財産だと感じています。

posted by 東川 裕 at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする