2016年10月25日

はがきの名文コンクール


 「第2回はがきの名文コンクール」の受賞者発表会が東京で開催されました。これは御所市名柄に住まわれていた作家の堺屋太一氏のご提案で昨年から行われているコンクールです。今年も全国から約3万通の心温まる作品が、郵便名柄館に送られてきました。今年のテーマは「明日への願い」。発表会には堺屋氏の他、高市総務大臣、日本郵便株式会社の横山社長も出席してくださいました。
 受賞作品には、短い文章の中にそれぞれの人生模様が見事に表現されていて、作品が朗読されると会場の人々の涙を誘いました。11月27日には郵便名柄館で表彰式が予定されており、全国から受賞者みなさんがお越しくださいます。みなさん、御所市に大変興味を持っておられ、今から楽しみにして下さっています。
 また、御所モラロジー事務所が主催の「家族へ感謝ハガキ」の表彰式があり、市内の小学生の感謝の気持ちがこもった素晴らしい作品が表彰されました。普段はなかなか言葉に出して言えない家族への感謝の気持ちが素直な言葉で綴られ、子どもたちが朗読すると、会場は微笑ましく温かい空気に包まれました。
 電子メールやSNSに慣れてきた昨今、はがきという限られたスペースに文字を綴られた手書きの言葉は、新鮮な感動を与えてくれます。温かみのあるアナログの世界の魅力に触れながら、家族の絆の大切さと素晴らしさを感じることができました。

 近畿国道協議会の総会と陳情のため上京しました。奈良県は全国でも道路整備の遅れている県です。県としては、京奈和自動車道の早期完成、国道168、169号の整備、名阪国道「オメガカーブ」改良等々を中心に要望しています。本市としては、特に京奈和自動車道、橿原高田IC(インターチェンジ)から橿原北ICの早期開通を強く要望しました。来年御所南ICから五條北ICが4つのトンネルで開通すると、和歌山まで一気に開通することになり、橿原高田ICの更なる渋滞が予想されます。同時に渋滞を避けるために、本道を避けて一般道を通行する車両の増加も予想されます。生活道路の交通量の急増を避ける意味からも、本道の早期完成と側道の整備についてお願いしています。道路行政にはなんと言っても予算の獲得が非常に重要です。今後も予算獲得に向け、地道な陳情活動を根気よく重ねていきたいと考えています。
1024-1.jpg 1024-2.jpg 1024-3.jpg

posted by 東川 裕 at 11:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする