2016年11月11日

ふれあいスクールミーティング


 毎年、市内の小学校に出向いて、「ふれあいスクールミーティング」を実施し、高学年を対象に行政のしくみや財政状況、そして地元の素晴らしさを伝えています。この授業を通して、地域や学校、先生、友達、家族、そして自分自身に「誇り」を持ち、それぞれに「夢」を重ねることの大切さを子どもたちに伝えるのが目的です。
 今回は秋津小学校に伺い、「秋津」や「蛇穴」という名前の由来、数々の古墳、京奈和自動車道などについて話し、歴史上このエリアが日本を代表する素晴らしい地域であること、地域を誇りに思い愛することの大切さを話しました。子ども達は目を輝かせ、熱心に耳を傾けてくれます。また、的を得た高度な質問も出て、私自身も勉強になりました。
 昨今、人口という数の理論のみで地方創生が語られがちですが、同時に質の大切さを強く感じています。日本中の地方が、それぞれ自分の地域を誇りに思い愛することを、教育の現場や家庭、地域で子ども達に伝えていくことがますます重要になってくると考えています。地域の宝である子ども達に、そのことをしっかりと伝えるのが私たち大人の大切な役割だと思います。
1111-1.jpg 1111-2.jpg

 次年度の予算編成がこれから本格的に始まります。平成27年度決算までは、順調に継続して黒字を計上できましたが、経常収支比率では99.6%とまだまだ厳しい財政運営が続いています。また、先日発表された平成27年国勢調査の結果では、御所市は5年間で11.3%の人口減というショッキングな数字が示され、御所市まち・ひと・しごと創生総合戦略を確実に進めることが急務となっています。同時に、今後は6月に表明した5つの重点事業に代表される第5次総合計画に掲げた事業を着実に推し進めなければなりません。予算編成方針では、経常収支比率97%を下回るように努力しながらも、それぞれの事業が進む予算を示すように指示しました。来年の2月初旬にかけて、市役所の仕事の中で最も重要な作業のひとつが続きます。

posted by 東川 裕 at 15:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする