2016年11月28日

はがきの名文コンクール 表彰式

blog郵便名柄館.jpg


 昨年に続き、「第2回はがきの名文コンクール」の表彰式が「郵便名柄館」で開催され、北海道から九州まで、日本各地から受賞されたみなさんがお越しくださいました。
 限られたスペースに綴られた文章は、見事に読み手の心に入り込み、それぞれの作品が朗読されると、一人ひとりの人生模様を垣間見るようで、会場に集うみなさんは思わず微笑んだり、目頭を押さえたり、ひとときの暖かい空気が会場に流れました。
 はがきに綴られた言葉には、デジタルの時代に忘れられがちなアナログの本当の素晴らしさを感じることができます。先の東京での発表式でも、すでに作品を拝聴していましたが、素晴らしい作品に改めて聴き入り、込み上げる熱いものを抑えられませんでした。「はがきの名文コンクール」ホームページに今回の受賞作が掲載されていますので、みなさんもぜひご一読ください。
 全国から3万通ものはがきが、御所市の「郵便名柄館」まで届けられ、受賞者のみなさんがこの縁で御所市を訪れてくださいます。堺屋太一先生の故郷を思う気持ちで始まったこの事業は、御所市の名前を全国に発信し、受賞者のみなさんが表彰式で本市を訪れてくださることから、御所市のPRにも大きく貢献しています。この事業はしっかりと続けていくべきだと強く感じています。
blog281128はがき大賞.jpg

 奈良県では、県全体を元気にしていくため、奈良のPRや魅力向上に寄与する活動や地域での社会貢献、また元気や感動を与えてくれるような活動を行っている個人または団体を「あしたのなら表彰」として、また年齢を重ねた「美しさ」を感じさせ、憧れるようなシニアを「ならビューティフルシニア」として顕彰しています。今年、「あしたのなら表彰」に鴨の宮若衆会が、「ならビューティフルシニア」に伏見の亀谷音一さん(102歳)がそれぞれ選ばれ、御所市でダブル受賞となりました。
 亀谷さんは、毎年高齢者慰問でもお会いしていますが、山仕事と県を代表する腕前のグラウンド・ゴルフで鍛えたはつらつとした方で、まさに健康長寿の手本のような方です。
blogビューティフルシニア表彰亀谷さん.jpg
 鴨の宮若衆会は、鴨都波神社の祭礼行事の盛り上げに大きく寄与しています。なかでも県の無形民俗文化財に指定されている「ススキ提灯献灯行事」は、彼らの見せ場であり、NHK地域伝統芸能まつりや奈良県大立山まつり等に出演するなど、その名を広く知られています。私自身も、氏子としてこの会の設立に携わっており、今回の受賞は個人的にもたいへん嬉しいものです。
 このように市民のみなさんが奈良県を代表する賞を受賞されることは、御所市の誇りであり自慢です。益々のご活躍をお祈りします。
blog1128若衆会.jpg

posted by 東川 裕 at 15:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする