2017年01月23日

天使のいる図書館

 葛城地域(御所市・大和高田市・香芝市・葛城市・広陵町)を舞台となった映画『天使のいる図書館』が完成し、映画の舞台でもある広陵町図書館で報道関係者対象の試写会が行われました。NHKの連続テレビ小説「あさが来た」にも出演した主人公の小芝風花さん、横浜流星さんらの若手俳優と、香川京子さん、森本レオさんのベテラン俳優陣による名演技が葛城地域の様々な風景に溶け込み、心温まる映画に仕上がっています。中でも御所市での撮影シーンは多く、普段見慣れた場所や景色がスクリーンに登場するたびに、改めて本市の美しさを再認識できました。ぜひ、市民のみなさんにもご覧いただきたい作品です。2月11日からの公開をご期待ください。

 御所市生活・介護支援サポーター養成講座「ごせ塾」の1回目が開催され、多くの市民の皆さんが受講されました。昨年末の御所市の高齢化率は37.4%。国の平均高齢化予測の10年先の数値に値します。今後、全国的に認知症患者が増え、独居や高齢者だけの2人世帯も増える傾向です。医療・介護の各事業者、行政、地域がしっかりと連携して高齢者を支えるシステム作りがますます大切になってくるでしょう。
 この講座は7年前から開催されており、サポーターの数も徐々に増えてきました。講座は決して難しいものではなく、みなさん和気あいあいと楽しみながら学んでおられます。この輪を着実に広げていきたいと考えています。機会がありましたらぜひご参加ください。
20170123-1.jpg

posted by 東川 裕 at 14:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする