2017年07月24日

御所ラグビーフェスティバル

 7月21日から28日まで「御所ラグビーフェスティバル」が開催されています。花園の常連校35校が全国各地から参加し、選手、監督、コーチ、スタッフ、保護者で約4,000人が朝町の市民運動公園に集います。県立御所実業高校グラウンドでの試合も含め、20分の練習試合が合計200試合以上繰り広げられ、選手の技術向上はもちろんですが、審判、コーチ、トレーナーが情報交換をしながらそれぞれスキルアップをめざします。
 このフェスティバルを運営しているのが県立御所実業高校ラグビー部です。選手たちは自分たちの試合だけでなく、OBや保護者のみなさんとともに駐車場や食事の手配、荷物の運搬等様々な形で自主的に運営に携わっています。竹田監督は、こうした活動は大人に成長するためのトレーニングも兼ねているとおっしゃっています。確かにグランドにお邪魔すると大きな声で挨拶があり、誰に言われることなく冷たいお茶を出されて、あらゆる場面で気配りをみせる姿に感心させられることばかりです。市民ボランティアの方々による冷たい野菜や飲み物の「おもてなし」も選手達には大好評。まさにラグビーを媒体として、生徒のトレーニングだけでなく地域とのコミュニティがしっかりと育まれています。高校ラグビーでこれだけのチームが一堂に会し、質の高い練習試合が行われ、地域とのつながりが年々大きくなっている大会は全国でも類を見ません。御所市にとっても大きなメリットがあるこのフェスティバルを市としてできるだけサポートするとともに、参加チームの多くが花園に顔を揃えることを今から楽しみにしています。
2017072401.jpg 2017072403.jpg 2017072402.jpg

 国に対する次年度の予算要望の陳情が盛んになる時期となりました。奈良県市長会としては、「地方税財政基盤の充実強化について」「医療制度改革等について」「道路の整備及び老朽化対策の促進について」の3点を特に強く要望をしています。御所市としては、京奈和自動車道の橿原高田インターから橿原北インター間の早期開通と同時に、高架下の一般道の整備、子ども医療費の制度改正等について強く要望していくつもりです。数回の上京を予定しており、あらゆる方向からしっかり訴えていきたいと思います。

posted by 東川 裕 at 13:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする