2017年10月16日

ご無沙汰してしまいました

 多忙を言い訳に1か月以上も更新が滞ってしまい、失礼しました。
 9月終盤から、議会、台風、体育祭、上京、祭り等々、時間に追われておりました。10月から11月にかけてもさまざまな楽しいイベントが開催されます。ぜひご参加ください。

 先日、市内の中学生・高校生と、御所市の将来についてじっくりと話す機会がありました。まず驚かされたのは、私の中高生時代と全く異なり、それぞれの課題に対してしっかりと自分の考えを持ち、それを解りやすく相手に伝えることができるということです。人口減少、少子高齢化、税収の減少等を抱えながら、今後の御所市はどのようなビジョンを展開すれば良いのか。20年、30年先の当事者として、彼らなりの、と言ってもかなり高度な視点で問題意識を持ち、大人とは少し違った価値観で“将来”を捉えています。最も印象に残っているのは、さまざまなマイナス要因をプラスに転じさせることが大切であり、これからは「量より質」の価値観を持つことが大切であるということです。根底には彼らはみんな「御所市が好き」という思いと、ふるさとへの「誇り」を持っていることがわかり、大変うれしく頼もしく感じました。彼らのような世代の若者と話すことは、新しい発見や気付きがあり、大変勉強になります。このような機会をまた持ちたいと思います。

 今年も鴨都波神社の秋季大祭に氏子として参加しました。暑いくらいの晴天に恵まれ、私は樽御輿の担当として中学生や高校生たちと一日「御所まち」を練り歩きました。年ごとに盛況になり、数百人規模で御輿巡行が行われるこの祭りは、県内でも類を見ない盛大な祭りに成長しました。氏子を中心にさまざまな年齢層の人々が祭りに携わり、無事に、盛況に祭りが行われるように協力し合いながらそれぞれの役割を担います。そこに「祭り」を媒体とした多くのコミュニティが生まれ、市外からの参加者や見学者も加わり、その輪がさらに広がります。大きな祭りでも小さな祭りでも必ずそのようなコミュニティが生まれ、地域に対する愛着や誇りが芽生え、世代間のつながりや伝承がいずれ大きなまちづくりにつながります。祭りは伝統であり、いつまでも守り続けたい地域の宝だと思います。
20171016.jpg

posted by 東川 裕 at 16:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする