2018年03月05日

御所市市制施行60周年

 いよいよ3月31日に「御所市市制施行60周年記念式典」を挙行いたします。市内外から多くのご来賓にお越しいただき、60年の歩みを振り返りながら先人たちへの感謝と、市民が繋がりながら新しい御所市に向かう姿をお示ししたいと思います。式典では、御所市の玄関口である近鉄御所駅・JR御所駅周辺の将来ビジョンを、バーチャルリアリティの映像で発表する予定です。一部を紹介しますと、国道24号を挟んで離れていますJR御所駅と近鉄御所駅が雨に濡れないアーケードで一体感をもってつながる、そんな計画を描いています。このバーチャルリアリティはクリックひとつで建物を消去したり、位置を変えたりすることが可能で、今後の駅前整備を議論する重要なツールとして使用する予定です。 今後、一年を通じて様々なイベントが実行委員会によって企画されています。(1)市内の子ども達に夢と地元の誇りを未来に向けて共有する「未来ステージ」の開催(2)市内外から2回に分けてウォーキング・おもてなし等を実施し御所市の素晴らしさを内外に発信するイベント(3)御所市の特産でもある「はるさめ」を使ったレシピを募集しPRするイベント等が予定されています。みなさんもぜひご参加ください。

 御所市市制施行60周年に合わせて、日本郵便からオリジナルフレーム切手が発売されました。市内の名所旧跡や季節の風景・歳時をモチーフに、葛城高原自然つつじ園、高天寺橋本院、船宿寺、九品寺、高鴨神社、鴨都波神社ススキ提灯献灯行事、葛城一言主神社、茅原の大とんど、安楽寺塔婆、彼岸花と大和三山などでデザインが構成されています。御所市を代表する美しい風景に、その素晴らしさを改めて自慢したくなります。中和地域の98の郵便局、日本郵便のネットショップでも購入できます。ぜひご購入いただき、手紙に添えて御所市のPRにお使いください。
20180305-1.jpg

 3月1日から全国のコンビニで住民票の写しと印鑑登録証明書が交付可能となりました。午前6時30分から午後11時まで、簡単な操作により200円の手数料(市役所では300円)で交付されます。セキュリティ対策も万全で、コンビニのマルチコピー機にデータは一切残りません。ただし、利用にはマイナンバーカードが必要ですが、残念ながら御所市のカード普及率は11%。今後、マイナンバーカードを用いたサービス内容も拡充されると考えられます。まだお持ちでない方は、これを機会に是非カードを取得してください。
20180305-3.jpg 20180305-4.jpg

posted by 東川 裕 at 18:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする