2018年04月13日

御所市観光のベストシーズン到来

 葛城山のつつじを筆頭に、これからが御所市の観光が最も輝く季節です。
 最近は、県外から観光のお客様や、まだまだ本当に少数ですが海外からも観光で訪れてくださるようになってきました。昨年、京奈和自動車道が和歌山まで開通したことにより、関西国際空港からのアクセスが向上したこともひとつの要因だと思います。京奈和自動車道は関空から奈良県に入ることで、高野山、飛鳥、藤原宮跡の他、吉野・熊野、法隆寺、平城京、平安京などの4つの世界遺産を含み、日本史の年表をたどるような他に類のない道です。
 今後、御所市だけではなく奈良県にとって、海外にもこの道をアピールすることでさまざまな観光戦略につながります。そうなれば御所市の多くの観光資源にも光があたることになります。奈良県をはじめ近隣の市町村、和歌山県内の市町村とも連携したインバウンド戦略を考えたいと思っています。

 これから1年をかけて市制施行60周年の記念事業が展開されます。実行委員会では、既に何度も会議が重ねられ、少しでも良いものにしようと努力されています。
 財政再建の動きから55周年記念事業、流しそうめんでギネスに挑戦と展開されてきた「市民力」は御所市の誇れる大きな財産です。このような市民と行政の協働の形を更にバージョンアップさせるのが、今回の記念事業の目標のひとつでもあります。それが61年目からの新しい御所市に向かう本市独特のスタイルであり、本市が小さいながらも持続していく唯一最良の手法だと思っています。同時に、東京一極集中に対抗してこれからの日本の地方都市が生き残るひとつの術であり、あらゆる面でまちづくりのエンジンとなるのが「市民力」「市民と行政の協働」ではないでしょうか。
 そんな意味も含めて、この60周年記念事業をオール御所市で楽しみたいと思います。

posted by 東川 裕 at 17:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする