2018年05月28日

正直こそが常に最高の徳目

 最近、マスコミで毎日のように学生アメリカンフットボールのタックル問題が取り上げられています。個人的な話で恐縮ですが、被害を受けたのが私の学生時代のクラブであり、記者会見していた小野ディレクターとは、2人で学生コーチをしていた同期の友人ということもあって、ずっと注目していました。初めてあのタックルシーンを見た時は、自分の経験の範疇では理解できない、想像を超えた信じられない光景を見たようで、強い憤りを抑えられませんでした。同時に学生時代に目標とし、リスペクトしていたチームの変貌した姿に大きなショックを覚えました。
 冷静に今回の騒動を振り返った時、「ハラスメント」の問題とともに「危機管理」の重要性を改めて強く感じます。学生達の潔い立派な会見、思いやる心を持った会見が、大人としての監督・コーチのまずい会見をさらに際立たせました。一昔前と違い、マスコミやSNSの拡散が大きく影響したことで、今回のようにその対応次第では社会を巻き込んだ議論に発展します。

 今回の騒動から、危機管理について感じるのは、まず何よりもスピード感の重要性です。N大学の異常とも言えるスピード感の無さには、何か他の大きな力を感じずにはいられません。全てが後手に回ることで騒動がより大きいものになり、事態を悪く悪く展開させました。
 2つ目は時系列に沿って起こったことを明確に整理できていないということ。これが選手と監督・コーチの会見の大きな違いであり、説得力の優劣に大きくつながっています。
 そして最後は何といっても「正直、誠実であるか」ということだと思います。その場を何とか凌ごうとか、時にはこんな対応も必要とうそぶかない。難しいことですが、追い込まれた苦しい時こそとことん正直、誠実であるということです。人生訓のようで、私自身もなかなか体現できませんが、いつも自分に言い聞かせています。
 私が市長になる時、前述の小野君が送ってくれたメールを市長室の机に常に貼ってあります。その一節に「Honesty is always the best policy. 正直こそが常に最高の徳目」とあります。いろんな場面で進むべき方向を示してくれる言葉です。

posted by 東川 裕 at 17:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする