2018年06月14日

在職10年

 平成20年6月に私が御所市長に就任してから、ものすごいスピードで10年の歳月が過ぎ去りました。この間、多くの方々に支えていただきながら何とか進んでこられたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。絶対命題の「財政再建」からはじまり、本当にさまざまなことがありました。「新しい御所市に向かって大きな実績を残せた」とは決して思っていません。数々のご批判、激励、お叱り、ご期待をまっすぐに受け止め、在任期間を精一杯務めさせていただこうと、改めて身を引き締めております。更なる叱咤激励の程お願い申し上げます。

 第88回全国市長会総会に出席しました。全国の市区長が集い、さまざまな提言を決議して政府に要望するのが大きな目的です。今年は新たに宮城県相馬市長が会長に選任され、東日本大震災からの復興や原子力問題、防災対策の充実、地方創生や分権型社会の推進、税財源の充実、子ども・子育て問題、小中学校の施設整備、選挙制度改革等を中心とした課題が決議され、地方が抱える諸問題についてさまざまな提言がなされました。また、「ネクストステージに向けた都市自治体の税財政のあり方に関する特別提言」も採択されました。「ネクストステージ」とは、わが国がかつて経験したことのない急激な超高齢・人口減少社会のことで、この問題に起因するさまざまな課題に関して税財源の切り口から改革を提言しています。本市のみならず、日本中の地方が抱える最も大きな問題であり、今後もあらゆる側面から議論が展開されることが予想されます。

 御所市として、この機会に特に昨年の台風で被害を受けた葛城山の復旧等について国会議員の方々に要望をしてまいりました。現在、国では「森林環境税」の準備が進められています。全国民を対象に一律の税を徴収し、森林の環境や産業、治山といった課題を解決する財源に充てる予定です。個人的には、徴収の仕組みづくりは進んでいるものの、どのように解決するかという税の使い方の準備がうまく進んでいないように感じています。現在、日本中の山林は林業の衰退から、手付かずの山林が増え、「山が弱っている」状況にあり、局地的な集中豪雨などに見舞われれば、大きな災害につながりかねません。環境保全、治山などの山林整備、災害対策はもちろん、健康やスポーツ、レジャーでも山林を活用すべきと考えています。自然豊かな金剛山や葛城山等、山々を抱える自治体としてしっかりと訴えていきたいと思います。

posted by 東川 裕 at 15:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする