2018年07月17日

災害のお見舞いを申し上げます

 西日本を中心に平成最悪の豪雨災害となった「平成30年7月豪雨」。200名を超える方がお亡くなりになり、未だに多くの方が行方不明のままです。亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りし、一日も早い復興を願うばかりです。
 6月の「大阪府北部地震」、豪雨災害の復旧や片付けを妨げる記録的な酷暑。地球はどうなっているんだと考えてしまいます。
 もし、あの地震が御所市の直下で発生していたら、あの線状降水帯が御所市付近で停滞していたら、そう考えると大きな恐怖を感じます。そして、それはいつ私たちの身に起こってもおかしくないことなのです。被災地に心を寄せると同時に、我が事として「その時」のシミュレーションをしておかなければなりません。いざという時にどのように行動したらいいのか。ハザードマップや避難場所を確認し、日頃から家族で話し合っておくことも大切です。ただ、マニュアルに頼りすぎることは時として危険な場合もあります。決して過信せず、正確な情報を収集しながらその時々の状況に臨機応変に対応し、まず、自分の命は自分で守る(自助)ことを心がけてください。その上で隣近所の状況、特に避難困難者の有無もふまえた上で声掛けを行い、地域で助け合う(共助)ことも大切です。もちろん行政として、市役所は可能な限りの総力を結集して市民のみなさんを守る(公助)ことをお約束します。

posted by 東川 裕 at 10:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする