2018年08月07日

地域の力

 地方自治体の行政課題は、非常に多岐に渡り、またその時々の社会情勢によって目まぐるしく変遷します。御所市が抱えている様々なハード事業もそうですが、長いスパンで20年先や50年先を見据えて、多様な課題と対峙していかなければなりません。今後の日本社会を見据えたとき、政府も大きな課題として捉えている「社会保障の問題」、今までのデータが参考にならない異常気象等による「自然災害対策」。この2つも大きな課題になると思います。
 高齢化、高度医療の発達による医療費増加。世界中で前例のないスピードで進む人口減少、高齢者を支える現役世代が人口に占める率も低下。これらに伴う社会保障の制度疲労は避けられない状態です。それを回避する方法は、市民のみなさんに元気で長生きしていただくこと。公のサービスを補完する「町ぐるみで支える」システムを確立させることだと思います。
 自然災害対策については、水防や治山等で一定カバーすることも大切ですが、「町ぐるみ」での防災や被災後のフォローが重要になってきます。いずれも公の動きを補完する「町ぐるみ」のコミュニティが大きな力を発揮します。
 これからは地域の課題に行政と地域が一体となって取り組んでいかなければなりません。「行政と地域の阿吽の呼吸」がそれらを進める力になると考えています。地域と行政が新しい価値観を共有し、密接なパートナーとなって、様々な課題に立ち向かっていかなければならない時代になってきていることを改めて感じています。

 先の戦争から73年の歳月が過ぎました。広島の被爆者の平均年齢は82歳を超えています。戦争の悲惨さを実体験として語り継ぐ人は年々減少し、広島市では小学校で「平和教育」として語り継がれています。
 歴史を語り継ぐことは、地域づくりの基盤であり、住民の誇りに繋がる大切な作業です。ほんの50年ぐらい前までは、町の歴史はそれぞれ家庭の団欒の中で、世代を超えて日常として語り継がれていたように思います。私は、社会情勢の変化によってこの習慣が影を潜めてきたことが、東京一極集中や地域間格差が広がった大きな要因だと思っています。家庭や地域で大人たちが少し大袈裟に自分たちの地域の素晴らしさを子供たちに伝えることが、地域を誇りに思い大切にする想いに繋がると考えています。家庭や地域の「歴史を語り継ぐ」ことを大切にしていきたいと思います。

posted by 東川 裕 at 13:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする