2018年09月03日

爽快!ラジオ体操

 8月31日、夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会が葛城公園で盛大に開催されました。当日は、市外からの参加者も含め約700人の元気な姿が見られました。
 全国のみならず海外までも配信されているこの番組。夏休みの巡回ラジオ体操のフィナーレを飾った御所市会場。主催者の方もすばらしい盛り上がりと喜んでくださいました。ラジオ体操は、普段から市内各所でチームを作ったり、ご近所同士で習慣として、また健康増進のためですが、これらは地域のコミュニティ作りのツールになっています。早朝の清々しい空気の中、多くのみなさんと体を動かすことは想像以上に気持ちのいいものでした。次の日は意外なところに筋肉痛を感じ、普段の運動不足を痛感した次第です。これを機会にラジオ体操の輪が市内でさらに広がることを期待しています。
20180903-1.JPG

 9月2日のクリーンアップキャンペーンでは市内各所で一斉に清掃活動が行われました。
 私も毎年、市役所東側の葛城川周辺を職員とともに掃除しています。今回、掃除に参加する中で、今年は特にごみが少なくなっているように感じました。ごみを捨てる人が少なくなったのか、日々のボランティアで道をきれいにしてくださっているお陰でしょうか。いずれにせよ、きれいな街は市民の誇りであり、気持ちのいいものです。みなさんと一緒にきれいな御所市をめざしたいものです。

 「計算力・思考力大会 算学修行えんのおづぬ杯」の表彰式がありました。10回目となった今回は、県内だけではなく大阪や和歌山から、10代〜70代の参加者179人が県立青翔高校と県立奈良高校で受験しました。かなりレベルの高い問題でしたが、大人の部では見事満点正解者が2人。小学校6年生の部ではこれも同点で2人が最優秀となるえんのおづぬ賞。算数のこのような大会は全国でも珍しく、毎回チャレンジされる方、親子や夫婦で参加される方など、年々盛り上がっています。私も何回か受験しましたが、試験会場でのあの緊張感は、普段の生活ではなかなか味わえないものであり、難問を解いたときの快感は忘れられません。大会委員長もご挨拶で述べられていましたが、チャレンジすること、諦めないこと、継続することの大切さを学ばせてくれます。みなさんもぜひ一度チャレンジしてください。
20180903-2.jpg

posted by 東川 裕 at 14:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする