2018年09月25日

秋空のウォーキングイベント

 9月23日、素晴らしい秋空の下、御所市制施行60周年記念事業のウォーキングイベントが盛大に開催されました。
 市内外から多くの方々が参加し、真っ赤な彼岸花と緑の田園のコントラストが素晴らしい葛城の道を中心に神社仏閣をめぐり、日本の原風景や地元の美味しい食材を満喫されたと思います。私も小林の文化交流センターから郵便名柄館まで歩き、九品寺、一言主神社、高鴨神社、橋本院、御所の郷、アクアセンター会場等を巡りました。素晴らしい原風景や神社仏閣の風情がウォーキングで少し疲れた身体を心地よく癒してくれ、改めて本市の素晴らしい景色に感動しました。歩きながら参加者の方々といろんな話をし、また、出会う方々との交流を楽しむことができました。これだけ多くの方が葛城の道を散策されたのは初めてではないでしょうか。
0925-1.jpg 0925-2.jpg 0925-5.jpg
 その来訪者を何日も前から準備をしてくださっている地元の方々が笑顔で「おもてなし」されていました。
 御所市民の「おもてなし」の素晴らしさは歴史的にも何世紀も前から実証されています。神社仏閣の多くに、旅人に食べ物や寝床を無償で提供した記録が残されていますし、御所まちでもお伊勢参りの施行(せぎょう)が全国でも類を見ない質と量で行われました。まさに御所市民のDNAです。
 20年前、私が仲間と始めた「御所まち霜月祭」で受け継がれているコンセプトは「ふるさとの誇りとおもてなしの心」です。自分のまちを愛し、訪れる人々をあたたかく受け入れること。来訪者が自分のまちを褒めてくれたり、おもてなしに感謝してくれることは住人にとって何とも言えない喜びであり、それが故郷の誇りにもつながり、その繰り返しがやがて質の高いまちづくりにつながっていきます。この素晴らしい御所市の風景や歴史とともに、先人達から受け継がれているおもてなしのDNAを次代の子どもたちにもしっかりと引き継いでいきたいと思います。
0925-0.JPG 0925-4.jpg

posted by 東川 裕 at 16:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする