2018年11月29日

平成最後の師走

 まもなく平成最後の師走を迎えます。来年は5月から平成に代わって新しい元号となり、10月には消費税増税が控えています。何かと慌ただしい一年になりそうです。

 スポーツ界ではラグビーワールドカップ2019日本大会が開催され、その次の年には2020年東京オリンピック・パラリンピック。そして2025年の大阪万博開催が決定しました。1970年の大阪万博の提案者であり、中心となって企画運営に当たられた御所市出身の堺屋太一先生も、先日「第4回はがきの名文コンクール」の表彰式に出席され、万博開催に伴う夢を熱く語って大変喜んでおられました。少年のように熱弁される先生の表情は、エキスポ'70を成功に導いた時を懐かしむように、若々しく楽しそうに活き活きされていました。

 高度経済成長期の終盤に開催された前回の万博テーマは「人類の進歩と調和」で、当時としては夢のような近未来製品が中心でしたが、7年後の万博テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」と医療や健康を意識した現実的なものとなっており、時代の流れを感じます。大阪万博と同時に日本初のIR(統合型リゾート)が大阪にできる可能性も高いでしょう。また2025年は、いわゆる「団塊の世代」が75歳に達し、本格的な超高齢社会がスタートする年でもあります。その時、御所市はどのような姿になっているでしょうか。多くの懸案事業も少しずつ形を見せているはずです。日本中、世界中からの人々が大阪の夢洲を訪れ、大阪メトロに乗り入れた近鉄けいはんな線を使い、また新しく開通予定の阪神高速大和川線を利用し、間違いなく多くの人々が奈良県にも御所市にも立ち寄られることでしょう。

 来年、元号が変わり、消費税が増税され、ラグビーワールドカップ、翌年にはオリンピック・パラリンピックが開催され、大阪万博が7年後にせまった今、単純にこれらの出来事を他人事として捉えるのではなく、その時々に社会がどう変化していくのか予測し、御所市としてそこにどんな課題があり、そのためには今何を準備しなければならないか、どんなチャンスが訪れるのか、あらゆる可能性を模索する時だと感じています。とかく「人口減」「少子化」などの負のイメージが蔓延していますが、世界的なイベントがすぐ近くで開催されるそんな時こそ、堺屋先生のように活き活きと夢を語ることを忘れてはならないと思います。

posted by 東川 裕 at 14:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする