2019年06月17日

SDGs & Society5.0

 「SDGs(エスディージーズ)」という言葉をご存知ですか。「持続可能な開発目標」として2015年9月の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際的な開発目標です。17のゴール、169のターゲットで構成され、人権、貧困、教育、健康、環境、科学技術、雇用、エネルギー、平和等々、人類が直面している地球規模の様々な課題について網羅しています。今後、行政や企業、学校などにおいてもバイブル的な役割を担うものと思われます。
 もう一つ、日本政府が提唱しているのが「Society5.0(ソサエティ5.0)」です。狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会といった人類がこれまで歩んできた社会に次ぐ第5の新たな社会を、デジタル革新、イノベーションを最大限活用して実現するという意味で名付けられた近未来コンセプトです。
 いずれも提言されてからしばらく時間が経過していますが、昨今改めて注目されているのは、以前にも申し上げたように世界で特に日本で大きな価値観の変革期に直面しているからだと思います。いずれにしても、これからはしっかりと将来を見つめつつ本当の質の向上をめざす持続可能な社会が求められることに違いはありません。この2つの言葉を広い視野に立って一度調べられてみてはどうでしょう。

posted by 東川 裕 at 13:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする