2019年10月17日

台風19号

 猛烈に降り続く雨により各地で河川の堤防が決壊し、広範囲で甚大な災害が発生した台風19号。亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。日を追うごとに死亡者数が増え、テレビの画面からは恐ろしい被害の状況が映し出されています。本市では大きな被害はありませんでしたが、特に曽我川の増水や山間部の土砂災害に警戒が必要でした。「経験のない雨量」という言葉が空しく聞こえます。根本の原因である地球規模の環境問題に、今こそもっと緊張感をもって取り組まなければならないことを強く感じました。市長会を通じて被災地にどのような支援をしていくかを緊急に議論されます。本市でも「この辺は災害が少ない」という根拠のない油断にあぐらをかくのではなく、「いつ大きな災害が起こるかわからない」という気持ちを心がけることが肝心です。

posted by 東川 裕 at 08:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする