2020年01月10日

令和の新時代

 明けましておめでとうございます。令和最初の輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。本年もご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。
 いよいよ令和の新しい「時代」が本格的に幕を開けました。令和はどんな時代になるのでしょうか。まず気になるのが、昨今の異常気象です。「観測史上初めて」「経験のない」といった言葉が使い古されてきたように思います。CO2問題や森林環境整備も含め、待ったなしのワンランク上の対策や警戒が必要な時代になると思われます。2つ目は内閣府が提唱しているSociety5.0です。狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に次ぐ、IoTやAI、RPAといった技術革新が中心となる人類第5の未来社会が具体的に動き始めます。日常生活にも大きな影響が予想されます。そして新しい時代の最も大きな変化は、繰り返して言ってきましたが「価値観の大転換」だと思っています。人口が右肩上がりに増え、経済が膨張し続けた長い時代が幕を閉じ、数量や経済至上の今までの価値観では生き残れない本当の「量より質」の時代が到来するのではないでしょうか。「質」が新しい価値として重要視され、一方では「地域のコミュニティ」に代表されるような、長い歴史の中で培われた不変の価値も改めて見直される時代になると感じています。いずれにせよ、「昭和」「平成」がそうであったように、「令和」もそれにも増して激動の時代になることは間違いないでしょう。
 今年は東京オリンピック・パラリンピック、5年後には大阪・関西万博、その先にはリニア中央新幹線開通などワクワクする事柄もたくさん控えています。社会の動きや新しい価値に乗り遅れることなく、不変の価値を大切にしながら、明るく前向きな気持ちで進んでいきたいと思います。

 御所実業高校ラグビー部が花園で大活躍をしてくれました。大きなパワー、勇気をいただいた方も多かったのではないでしょうか。選手たちは見事にやり切ったと思います。いつまで続くのかと思うほどのゴール前での粘り強いディフェンス。「御所実モール」と称される精密なモール。必殺のタックル。コミュニケーションの取れた戦術。日々の厳しい鍛錬の成果を存分に発揮してくれました。誰が見ても「見事な準優勝」です。来年は第100回の記念大会です。竹田監督のラストイヤーに必ずや頂点を勝ち取ってくれると信じています。
0110.jpg

posted by 東川 裕 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする