2020年04月01日

新年度スタート

 日々、新型コロナウイルスの脅威が増しています。つい数か月前まで、このような状況を誰が想像できたでしょう。悪影響の規模、期間は予想困難な現状です。今後、あらゆる場面で市民生活に想像以上の影響が表れてくると思います。健康への不安、経済の先行きに対する不安。見えない敵に対して、大きな不安を抱えておられる方も多いでしょう。市民のみなさんの不安に寄り添う姿勢を大切にし、正確な情報の収集に努め、少しでも安心を与えられるよう心掛けたいと思います。

 令和2年度、御所市役所のテーマは「敢為邁往(かんいまいおう)」です。「敢為」とは、困難に果敢に立ち向かうこと、「邁往」とは迷わずにひたすら前に進むということです。脆弱な財政状況の中、長年事業を展開してこられなかった本市にとって、経験のない大型事業を進めることは、さまざまな困難が待ち構えているでしょう。新型コロナウイルスの影響もこれから本格化し、想像できない事態が待ち構えているかも知れません。そんな困難に決して逃げることなく真正面から対峙し、とにかく前へ前へと進んでいかなければなりません。日本中が本格的な人口減を迎える中で、「現状維持を選択する自治体は、退化」を意味します。他の自治体より人口減、少子高齢化が著しく、事業を展開してこなかった本市にとっては、さらにその意味が大きいと言わざるを得ません。常に「敢為邁往」を意識して前へ進むことを楽しめるよう心掛けて令和2年度を乗り切りたいと思います。

posted by 東川 裕 at 18:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする