2020年07月03日

コロナ禍後の未来を見据えて

 令和2年も半年が経過しました。人類史上に残るコロナ禍の6か月間でした。少しずつ日常が戻りつつありますが、まだまだ予断を許さない状況にあります。本市ではこれまで感染者は出ていませんが、決して油断することなく、手洗いの励行、3密の回避、こまめな部屋の換気、マスクの着用、人との間隔の確保(ソーシャルディスタンス)等に、引き続き留意していただきたいと思います。加えて、これからの季節は熱中症への対策も重要となります。適切にエアコンを利用し、周囲の人との距離が十分とれる場合や激しい運動の際にはマスクを外すなど、状況に応じてマスクを使用する新しい生活スタイルを心がけてください。

 コロナ禍後の社会は、生活や社会制度等、さまざまな価値観の転換がさらに進むと感じています。全国的に急激な人口減の動きが顕著になり、これまでの右肩上がりの社会からさまざまな価値観が大きく転換せざるを得ないことは以前からも申し上げてきました。そこへコロナ禍がさらに輪をかけて状況を複雑なものとしています。しっかりと将来を見極め、より広い視野で的確な判断を行うことが、これまで以上に求められています。
 本市においても新型コロナウイルス感染症に対するさまざまな施策を行ってきましたが、さらなる支援策が必要となるかもしれません。今回に限っては「財政力が厳しいからこの程度」という問題ではなく、市民に寄り添う姿勢で政策を取捨選択し、場合によってはさらに多くの財源が必要となります。国の新型コロナウイルス感染症に対応した地方創生臨時交付金の範囲を超えることは容易に想像できます。国においても前例のない財政出動を講じており、今後、本市の財政上の頼みの綱である特別交付税や補助金等にも大きく影響するでしょう。一方で、本市では、中心市街地の再開発をはじめ、避けられない大きな事業展開も待ち受けており、正念場の市政運営、財政運営がすでに始まっていると感じています。

posted by 東川 裕 at 14:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする