2022年07月04日

骨太方針2022

 先日、テレビや新聞等で報道されたように、来年4月完成予定の新火葬場の建設工事に関し、御所市役所に大阪地検特捜部の捜査が入りました。多くの皆様にご心配をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。全く突然の捜査で、詳細がわからず戸惑っているというのが現状です。今後も捜査に全面的に協力し、内容が明らかになり次第、しっかりと対応してまいります。

 第26回参議院議員通常選挙の争点となっている「経済財政運営と改革の基本方針2022(骨太方針2022)」が、6月7日、閣議決定されました。次年度の国家予算編成の基礎となるものです。今回は、コロナ禍の中で、新しい価値を創造する動きを示している点が大きな特徴であると感じています。ただ、閣議決定の後も、想定以上に円安、物価高騰が進んでおり、参議院選挙後にさらなる施策への対応が求められそうです。重点投資分野の中で「人への投資」「科学技術」「スタートアップ(新規創業)」「グリーントランスフォーメーション(GX)」「デジタルトランスフォーメーション(DX)」が掲げられており、次年度の交付金、補助金の根拠となるものとして注目しています。今後はより一層情報を敏感にキャッチするとともに、本市の現状と照らし合わせつつ、国の指針に沿った「理屈」を組み立て、主体的に要望していきたいと考えています。

posted by 東川 裕 at 13:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする