2022年07月11日

心より追悼の意を表します

 安倍晋三元総理が奈良市で襲撃され、帰らぬ人となりました。民主主義の基本となる国政選挙の最中に行われたこの犯罪は決して許すことのできない暴挙です。仲間の県内市長さんや議員さんたちをはじめ市民の方が多くおられる中で、その人達が流れ弾を被弾していてもおかしくない状況でした。日本、特に奈良県ではこのような事件は起こるはずがないという漠然とした盲信の中で、日本中、世界中に衝撃が走りました。数日経った今でも、抑えきれない憤りとショックで胸が痛みます。
 憲政史上最長の通算在職期間を務められた安倍元総理は、個人的に最も尊敬する政治家の一人です。経済対策や外交での活躍がよく注目されますが、そのようなグローバルな課題と同時に、地方行政にも細やかな気配りをいただいたと思います。数回、講演を拝聴させていただく機会がありましたが、常に筋道が明確で解説が解りやすく、ユーモアと優しさがあふれたお話しぶりには定評がありました。総理を退任された後も内外の政界に大きな影響を及ぼし、まだまだご活躍が期待されていただけに残念でなりません。今までのご活躍に敬意を表し、心からご冥福をお祈りいたします。
 合掌

posted by 東川 裕 at 09:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする