2022年07月29日

リーダーの最期の言葉

 世界中に大きな衝撃が走った、安倍元総理銃撃事件から早くも1ヶ月が過ぎようとしています。SNSであのショッキングなシーンを何度も繰り返し見ました。流れ弾によって被害がさらに拡大していてもおかしくなかったと、改めて恐怖と強い憤りを感じています。銃声が響く直前、安倍さんの最期の言葉は「できない理由を考えるのではなく・・・」でした。応援する候補者の人となりを表現しようとしたものです。あの後に安倍さんが続けたかった言葉を想像するならば、「できる方法を探ってチャレンジする」だったのではないでしょうか。あらゆる場面で行く手を阻む壁に立ち向かう時、壁を乗り越えられない言い訳や、あるいは乗り越えない方がいい理由を考える労力にエネルギーを使って諦めるのか。乗り越える方法を試行錯誤して一歩を踏み出す挑戦にエネルギーを使うのか。同じエネルギーの使い方でも結果やその人の達成感においては大きな違いがあります。そんなことを考えさせる、日本を代表するリーダーの最期の深い言葉として、胸に刻みたいと思います。

posted by 東川 裕 at 16:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする