2022年09月22日

9月議会が終了しました

 9月議会が終了し、条例改正や補正予算、人事案件、令和3年度決算等がそれぞれ原案どおり可決、同意、承認いただきました。その中でさまざまな意見が開陳され、特に決算委員会では令和3年度決算の結果をどのように次につなげるのかが熱心に議論されました。しっかりと今後の行政運営に活かしたいと思います。令和3年度の一般会計決算は約11億5200万円の実質収支黒字となり、平成23年度に41年ぶりに黒字を計上して以来、11年間連続の黒字を計上することができました。今回、黒字幅が大きくなったのは、コロナ禍の影響もあり、事業の縮小や中止等で不用額が大きくなったこと、国からの交付金が拡大したことなどが要因であり、少し異例な状況であったと思います。一方で、市税収入(市民税、固定資産税)は、これもコロナ禍の影響かやや減少しており、残念ながら自主財源が乏しい状況には変わりなく、国からの依存財源に頼る財政構造の打破にはまだまだ至っていません。これから大きな事業が待ち構えている中で、厳しい財政運営が当分続くことが予想されます。本市の最大の課題である「自主財源の確保」をしっかりと進める必要性を改めて感じました。

posted by 東川 裕 at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする