2017年07月10日

京奈和自動車道

 京奈和自動車道の御所南IC−五條北IC間が8月19日に開通します。御所南ICに県内で唯一のパーキングエリアが設置され、少し遅れますが、10月には御所市の地域振興施設も開業します。隣接の情報提供施設とともに御所まちの町屋をイメージした素晴らしいデザインです。一般道からも出入りできるこの施設では、近隣の物産販売やレストラン営業、地域情報発信が予定されています。
 今回の開通で、和歌山から橿原高田ICまでが一本の道で結ばれることになり、御所市と五條市も4つのトンネルでつながります。これによって企業立地促進、救急医療活動への貢献、観光振興等、さまざまなメリットがうたわれています。今までの感覚で御所市はどうしても北への意識が強かったと感じていますが、これからは特に南とのつながりも深くなってくると思います。例えば、関西国際空港へのアクセスは南阪奈道路から阪和自動車道を経由する行程から、京奈和自動車道を南進し一部阪和自動車道を利用して向かう行程も可能になります。時間的に大きな差はなく、料金も格安で通行できます。一方、関西国際空港に到着した旅行客にとっても、京奈和自動車道を北進することによって、高野山、吉野・熊野、神々のふるさと御所市、飛鳥、藤原宮跡、法隆寺、平城宮跡、平安京跡と、沿線で4つの世界遺産をはじめ日本の歴史をさかのぼるコースを楽しめることになります。インバウンドの可能性も大きく膨らみます。この開通を機に沿線の自治体とも連携しながら、単なる道路の完成ではなく、この道路をより有効的に活用する施策を考えていきたいと思います。
image1.JPG image3.JPG image2.JPG

posted by 東川 裕 at 17:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

豪雨災害

 九州北部で大きな豪雨災害が発生しました。信じられないような光景がテレビで映し出され、恐怖を感じ被害の甚大さに驚きました。この度の災害でも、高齢者の方々が多く犠牲になられたようです。心からご冥福をお祈りいたしますとともに被災者の方々にお見舞いを申し上げます。
 本市でもこのような災害はいつ起こるかもしれません。その時に備えて、もしもの時の準備と対策は常に心がけていなければならないと改めて感じました。その際に気になるのが、高齢者や寝たきりの方、障害をお持ちの方等の避難困難者への対応です。市役所でも一定の避難困難者のリストは所有していますが、全ての方々に100%対応するのはなかなか難しいのが現状です。その時に最も力になるのが「ご近所力」です。実際これまで発生した日本の大きな災害において、最も多い第一救助支援者は近隣の住民というデータがあります。「隣のおばあちゃんはいつもあの場所で寝ている」「この時間ならあそこにいるはず」といった情報は近隣の方でしか持ち合わせていないのが事実であり、そのような情報こそが救助作業でもっとも重要なものなのです。社会情勢の変化でそのようなコミュニティのあり方も変化してきていますが、互助力の重要性、それ以外にもあらゆる場面で見直されている「ご近所力」の重要性を訴えていきたいと思います。

helpmark.bmp
 「ヘルプカード」をご存知でしょうか。障害をお持ちの方が災害時や日常生活の中で困ったときに提示し、必要な支援や配慮を周囲に求めるために携帯するカードで、緊急連絡先や必要な支援内容などを書き込めるようになっています。前述の災害時などには、障害をお持ちの方だけでなく、一人住まいの高齢者の方にも大変役に立つカードです。現在、市役所の福祉課及び高齢対策課で配付していますので、ぜひご利用下さい。

posted by 東川 裕 at 13:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

「やまとクリーンパーク」竣工

 長年の懸案事項でありましたごみ焼却施設「やまとクリーンパーク」が完成し、6月24日、竣工式を迎えました。平成6年から稼働していたクリーンセンターは老朽化が進み、維持管理費が財政的にも大きな負担となっていましたが、同じ悩みを抱える田原本町、五條市と広域で2市1町がタッグを組み、国や奈良県の支援もいただきながら、このたびめでたく新施設の竣工を迎えることができました。
 平成23年に御所市と田原本町で一部事務組合を設立、翌年には五條市も加わり「やまと広域環境衛生事務組合」を設立、より一層の建設費や運営コストの削減、環境負担の低減が可能になりました。広域化を図り熱エネルギーから電気をつくるという循環型社会の形成に寄与することで国の交付金を受け、ごみ処理広域化にかかる「奈良モデル」第1号の施設として奈良県からも大きな支援をいただきました。何よりも地元自治会のみなさまには長期にわたり度重なるご協議をいただき、絶大なご尽力、ご協力をいただきました。改めて感謝申し上げますとともに、まだ残された課題もあり、運営上も更なるご協力をお願いしなければなりません。より一層のご理解とご協力をお願いいたします。施設では見学の受付も行っています。環境問題を考える絶好の施設です。多くのみなさまに親しんでいただける施設としても、ぜひ一度ご見学ください。
20170627-1.jpg 20170627-3.jpg 20170627-2.jpg

 第3回「はがきの名文コンクール」の作品募集が始まっています。新聞やポスターでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、今回のテーマは「わたしの願い」です。今まで毎回3〜4万通の作品が全国各地から郵便名柄館に送られてきました。受賞作品の発表は東京で、表彰式は御所市郵便名柄館で行われ、全国から受賞者の方がお越しくださいます。このたびNHK出版から、今までの受賞作品を一冊の本としてまとめられました。作品発表や授賞式の時に作品が朗読され、そのたび目頭を押さえて感動していましたが、この本を通しても感動が蘇ります。また、これまでの受賞作品は「はがきの名文コンクール」のホームページでも紹介されていますので、是非一度ご覧ください。そして、「わたしの願い」をはがきに書いて郵便名柄館までお送りください。今回もどんな感動作品に出会えるのか楽しみです。
20170627-4.jpg

posted by 東川 裕 at 16:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

新しい学校づくり

 御所市PTA連絡協議会主催の「みんなで語る御所市の小・中学校トークセッション」が先日行われ、私もパネラーとして参加しました。冒頭、私から御所市の子どもの数の減少状況や学校規模適正化推進会議等の提言について説明し、教育を地方創生の柱としてオール御所で取り組んでいきたい旨の話をしました。この問題はなかなか進展が見えない現状で、厳しいご意見もたくさんいただいています。長い目でしっかりと進めていかなければなりません。どこにどのような学校を建て、通学はどう確保するのかといったハード面と、どんなカリキュラムの学習を行うのかといったソフト面の課題があります。ハード面では主に行政がリーダーシップを担うことになると思います。それに対して、ソフト面については「御所市の将来のためにどんな学校がいいのか」を保護者だけでなく、子どもからお年寄りまですべての市民のみなさんが「自分たちの新しい学校をみんなでワクワクしながら楽しく考える」そんな気持ちでいろいろな意見を出していただきたいと考えています。越えるべきハードルは多く、長い時間を要しますが、そのプロセス自体が新しい御所市づくりに繋がり、地方創生の柱になっていくと信じています。トークセッション参加者の予想以上の盛り上がりに、新しい学校づくりに向けた有意義で実りの多い場となったと感じました。
20170612-2.jpg

 6月6日、第87回全国市長会議に出席しました。全国814の市区から市区長が一堂に会し、国に対して、東日本大震災からの復旧・復興等に関する決議、地方創生の推進等に関する決議、持続可能で安定的な社会保障制度の構築に関する決議等の6つの決議、土地利用行政のあり方に関する特別提言等が承認されました。私が参加した分科会では、生活保護制度などの社会保障に関する議論がなされ、私からは生活保護の問題について、負のスパイラルを根本から回避するためにも就学前を含む教育の重要性を訴えました。
20170612.jpg

posted by 東川 裕 at 17:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

近畿市長会

 第124回近畿市長会総会が兵庫県淡路市で開催されました。私は28年度から当会の副会長を拝命しており、副会長として最後の勤めとなりました。近畿各府県の111市の長が一堂に会し、「都市行財政制度の改善について」等、政府に要望する6議案の他、今回は「2025日本万国博覧会の大阪・関西誘致に関する決議」も行われました。このような機会は、国・政府の動向を知り、幅広く情報を得ることができる有意義なもので、また各市長と対話する中で、たいへん勉強になることも多くあります。東京の一極集中による弊害が叫ばれる中で、111の市長が団結して近畿をしっかりと盛り上げていく必要性を強く感じました。

20170524.JPG

 荒井奈良県知事の県政報告会がアザレアホールで開催され、私も参加しました。知事からは1時間余りにわたり熱心に県政についての報告が行われ、「住んでよし、働いてよし、訪れてよし」の三方よしをめざす県の課題、目標、成果がわかりやすく説明されました。会の終了後、「ごせまち」から商店街を知事ご夫妻とともに私も一緒に散策しました。道中、知事は様々なまちづくりのアイデアを出されていました。以前お伝えしましたが、御所市は中心市街地のまちづくりについて奈良県と協定を結んでおり、平成29年度と30年度で基本計画を策定する予定です。また、JR西日本、近鉄、県、御所市で御所駅前の整備について協定書を締結しました。荒井知事は運輸省(現国土交通省)のご出身で、鉄道とまちづくりを組み合わせることは官僚時代からの得意分野でもあります。今後、知事とも意見を交わしながら、御所市の玄関口である近鉄・JR御所駅周辺のまちづくりを進めていきたいと思います。
 また、新地商店街では、5月27日と28日限定で、奈良県の実験店舗が4つのエリアでオープンします。県産の靴下、葛菓子、貝ボタンなどの地場産品の店、旬の野菜の店、生活工芸の店、改装・リノベーション提案の店など、個性豊かでおしゃれな店が2日間限定で出店されます。みなさん、ぜひ訪ねてみてください。

posted by 東川 裕 at 09:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする