2017年05月17日

葛城山ツツジ

 一目百万本。葛城山のツツジ開花がピークを迎えています。私も14日の日曜日早朝から登り、見事な赤い絨毯を楽しんできました。一面の圧倒される迫力から満開のように感じましたが、近づいてみるとまだまだ蕾も多く、8分咲きのようでした。途中、兵庫県豊岡市から来られた女性の方々とお会いしましたが、美しい景色に感動しておられました。下山後の訪問先を迷っておられたので、思わず「御所自慢」をして、市内の観光名所をお勧めしました。市外の方に御所の素晴らしさをお褒めいただき、故郷自慢をするのは何とも言えない快感です。同時に、自慢できる御所市の素晴らしさを改めて感じることができました。
 葛城山のツツジは今でも見事な景色に違いありませんが、小さい頃から見慣れた私にとっては、赤い色がほんの少しですが鮮やかさを欠いてきたように感じます。実際、樹齢50年を超える老木となってやや元気がなくなってきているため、国の交付金を活用して剪定等の作業をしています。50,000uにも及ぶことから整備には時間がかかりますが、御所市の誇れる財産をしっかりと次代に守り伝えていきたいと思います。
20170517.jpg
 最近、高齢者を狙った振り込め詐欺の被害が県内で続出しています。御所市でも今年に入って2件の事案が発生し、数百万円の被害が出ました。警察官や市役所職員、銀行員、家族になりすまし、巧みに現金を振り込ませたり、金融機関で引き出させたりするものです。警察や市役所、銀行から現金を振り込んだり、引き出すように指示する電話がかかってくることは絶対にありません。「自分は大丈夫」と思い込まず、もし電話で突然お金のことを言われたら、いったん電話を切ってご家族やご近所に相談し、必ず警察へ連絡すること。「代理人が行くからお金を渡して」「○○までお金を持ってきて」と言われても決して信用しないでください。渡したお金は戻ってきません。周りのお年寄りの方にも是非お声がけください。

posted by 東川 裕 at 10:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

御所市の観光ベストシーズンです

 ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。新緑が眩しい季節。市内あちらこちらでイベントが行われ、御所市の観光地が最も輝く季節です。私も早朝から、高鴨神社や橋本院、高天彦神社、伏見近辺、また別の日には国見神社、国見山を散策しました。改めて御所市の美しさ、神々しい空気感に触れることができました。この時期にぜひ、御所市の素晴らしさを体感してください。

 現在、5つの重点事業について、それぞれ本格的な議論がスタートしています。議論をすすめる中であらためて強く感じていることは、この5大事業が御所市の50年後を考えた「御所市のまちづくり」そのものだということです。至極当たり前の話です。しかし、個々の事業を別々に考えている時にはなかなか理解できなかった、御所市全体に大きな影響を及ぼす、まさに「御所市づくり」であることを改めて強く意識するようになりました。単に新しい学校や庁舎、市民ホール、火葬場、子育て施設をそれぞれの場所に建設し、駅前の整備を行うという感覚ではなく、それぞれの施設等において、その場所で必要とされる機能をもって建設される意味を、将来の御所市の中での存在意義としてしっかりと確立させ、50年後の世代に引き継がなければなりません。特に、新しい学校づくりにおいては、市内で1小1中とすることから、御所市のすべての子ども達を育む文教施設として、おそらくその場所に世紀をまたいで存在し続けることになると考えられます。御所市の歴史上経験のない「御所市のまちづくり」を考え、次世代のための「御所市づくり」を担うタイミングです。100年後の御所市民に対して大きな責任を担うと共に、総力を挙げて取り組むべき、やり甲斐のある仕事です。慎重に、かつスピード感を持って、「新しい御所市づくりのエンジン」であるという自覚と誇りを持ち、覚悟を持って臨んでいきたいと思います。

posted by 東川 裕 at 17:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

御所中心市街地地区のまちづくりに関する連携協定書

 先日、標題の長いタイトルの協定書について、近鉄、JR西日本、奈良県、御所市の4者で締結式を行いました。この協定書は、既に締結した「奈良県と御所市のまちづくり基本協定書」を踏まえ、前述の4者が協力しながら、近鉄御所駅及びJR御所駅を含む御所中心市街地地区のまちづくりに関する取り組みを推進することを目的としています。2つの駅を中心に利用者の利便性を向上させ、にぎわいの創出や来訪者の拡大を目指して「まちづくり」を展開するというものです。具体的には @近鉄御所駅の駅舎を北へ移動し、東西に人の流れをつくる AJR御所駅の西側に改札口を設ける という計画で、これを中心に周辺のまちづくりへと繋げていくことになります。駅を中心に鉄道事業者と自治体が共同でまちづくりをすすめることは、奈良県ではあまり行われておらず、御所市にとっても初めての経験です。長年の懸案事項であった近鉄・JR御所駅周辺のまちづくりが、やっと一歩を踏み出しました。本年度から基本計画を策定していく予定です。
20170414.JPG

 急激な少子高齢化が進む御所市ですが、本市に限らず、高齢者の方々が住み慣れた地域で自立した生活を続けられるようになることは、全国の自治体の大きな課題となっています。支える側と支えられる側に分かれるのではなく、地域のあらゆる住民が役割を持ち、支え合いながら自分らしく活躍できる地域社会の実現を目指さなければなりません。
 4月から介護予防・日常生活支援総合事業が始まり、市が行う介護予防事業(65歳以上の人を対象)で、幅広いサービスを受けることができるようになっています。そのなかでも介護予防教室については、誰もが取り組みやすい「いきいき百歳体操」などの普及に力を入れ、「ただ参加するだけの教室」から、地域住民のみなさんが主体となって「地域のコミュニティづくりにつながるような活動支援」に一新しました。年齢を重ねても地域全体が健康で明るく生き生きと暮らせる御所市を目指し、一人でも多くのご参加をお待ちしております。

posted by 東川 裕 at 17:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

「誇りと夢の創出エンジン」

 平成29年度がスタートしました。「御所市第5次総合計画(10年)」の7年目であり、「御所市まち・ひと・しごと創生総合戦略(5年)」の中間地点にあたります。私が市長に就任してから9年。喫緊の課題であった財政再建は数字上の結果は残せたものの、経常収支比率に示されているように、御所市はまだまだ厳しい財政状況にあります。人口減少と共に急激な少子高齢化が進み、市民の皆様の中にも「これから御所市はどうなるんだろう」と先行きに不安を抱いておられる方も大勢いらっしゃることと思います。
 私は、今年度の御所市のテーマを「誇りと夢の創出エンジン」としました。ご存じのように「誇り」と「夢」は私自身がまちづくりの根幹としてとらえ、さまざまな場面で使ってきたキーワードです。市民の皆様が希望を持てる1年となるよう、今こそ、新しい御所市に向かって本格始動していかなければなりません。御所市のまちづくりに最も必要とされる「誇り」と「夢」を創造していく、その原動力となるのが、私達御所市職員の何よりの存在意義であると考えています。職員一人ひとりが責任を果たし、一丸となって全開でアクセルを踏むことで、厳しい現状を打破し、御所市を少しでも前へ進めていかなければなりません。本年度の動きが、これからの御所市に「誇り」と「夢」の種をまくことになると意識して、一日一日を大切に過ごしていきたいと考えています。
 29年度末、御所市は市制施行60周年という節目を迎えます。御所市職員一丸となり、御所市の「誇りと夢の創出エンジン」として動き出したいと思います。

posted by 東川 裕 at 15:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

3月議会の最中です

 3月6日に開会した平成29年3月議会は、各種条例制定、改正や請負契約締結等の重要案件が議決され、予算特別委員会に付託された平成29年度一般会計と特別会計の審議が始まっています。私の3期目就任後初めての予算であり、今までにない政策予算も多く含まれており、内容の濃い質疑が交わされることと思います。議会からは一つひとつの予算内容はもちろんのこと、その事業スケジュールについてもスピード感が求められそうです。真摯に受け止めながら、前向きな議論を進めたいと思います。

 写真展「宇宙のかけら―御所」が御所と大阪の2会場で同時開催されています。御所まちの江戸期に建てられた重厚な町家の対照的な空間と、京阪電車なにわ橋駅にある「アートエリアB1」の都会的なスペースの対照的な空間で、御所市を独特の感性で撮影された御所市出身、六田知弘さんの見事な写真が展示されています。私は写真に関しては全くの素人ですが、作品を拝見していると、不思議と親近感や安心感のようなものを感じます。それは、六田さんが私と同じ御所市で育った共通の感性、DNAから来るのでしょうか。御所市の魅力をよりいっそう知っていただくため、市外の方はもちろん、市民のみなさんにもぜひご覧いただきたい写真展です。

 先日、「こども雅楽公演会」にお邪魔しました。これは九品寺雅楽こども教室の発表会で、市内はもちろん県内外からも多くの子ども達が参加しています。全国でも珍しい子ども雅楽と言ってもそのレベルは高く、笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)等が奏でる優雅で美しいハーモニーは、悠久の歴史を感じさせる素晴らしい出来栄えでした。雅楽は、伝統芸能の中でも1,300年余りの歴史を持つ、まさに日本を代表するもので、子ども達がそれを継承することは大変意義深いものです。御所市の風情にぴったりなこの伝統芸能を、子ども達が楽しみながら、誇りを持って次世代に繋いでくれることに期待を寄せたいと思います。
20170313-1.jpg

posted by 東川 裕 at 17:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする